コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハンマド・イブヌル・カーシム ムハンマド・イブヌル・カーシムMuḥammad ibn al-Qāsim al-Thaqafī

1件 の用語解説(ムハンマド・イブヌル・カーシムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムハンマド・イブヌル・カーシム
ムハンマド・イブヌル・カーシム
Muḥammad ibn al-Qāsim al-Thaqafī

[生]?
[没]715頃.ワーシト
ウマイヤ朝時代のアラブ軍の部将で,インド北西部の征服者。当時のイラク総督ハッジャージ・イブン・ユースフはいとこで義父にあたる。 710年,6000のシリア軍を中核とする遠征軍を率いてインドに向い,メクラーンバルチスタンを落したのち,712年シンド地方全域を支配。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムハンマド・イブヌル・カーシムの関連キーワード使用者責任奈良時代元明天皇元正天皇穂積皇子国郡里制霊亀女帝県内の無料化対象路線オートキャンプ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone