コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムヒタル・ゴーシュ Mkhitar Gosh

世界大百科事典 第2版の解説

ムヒタル・ゴーシュ【Mkhitar Gosh】

1133‐1213
アルメニアの思想家,法典編纂者。メヒタル・ゴーシュMekhitar Goshとも呼ばれる。ガンザクに生まれ,東アルメニアとキリキア各地で研鑽(けんさん)を積む。領主ザハリアン家の援助を受けて,ノルゲティク修道院を開き,ここに学院を置いた。彼が1184年に編んだ教会法と世俗法の2部からなる〈ムヒタル・ゴーシュ法典〉は,以降アルメニア法の主要な法源となったが,封建制を法律面から援護する一方,農民に対する領主の恣意も制限している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムヒタル・ゴーシュの関連キーワード建暦法然詩歌合横山時兼和田胤長和田常盛和田義盛タマラ建保タマラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android