コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムヒタル・ゴーシュ Mkhitar Gosh

1件 の用語解説(ムヒタル・ゴーシュの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムヒタル・ゴーシュ【Mkhitar Gosh】

1133‐1213
アルメニア思想家法典編纂者。メヒタル・ゴーシュMekhitar Goshとも呼ばれる。ガンザクに生まれ,東アルメニアとキリキア各地で研鑽(けんさん)を積む。領主ザハリアン家の援助を受けて,ノルゲティク修道院を開き,ここに学院を置いた。彼が1184年に編んだ教会法と世俗法の2部からなる〈ムヒタル・ゴーシュ法典〉は,以降アルメニア法の主要な法源となったが,封建制を法律面から援護する一方,農民に対する領主の恣意も制限している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムヒタル・ゴーシュの関連キーワードアルメニアアルメニア語韓非ゲルツェン尸子慎到申不害フラッド李贄思想家

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone