ムビラ(英語表記)mbira

翻訳|mbira

百科事典マイペディアの解説

ムビラ

mbiraとも。アフリカ南東部のジンバブエやザンベジ川下流文化領域にみられる親指ピアノ。ムビラに複数を示す種々の接頭辞をつけたり(ティンビラtimbila,ディンビラdimbila,マンビラmambira),音節を重複させる(マンビリラmambirira)と木琴を表す名称になる。
→関連項目チムレンガ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のムビラの言及

【サンザ】より

…またいっそう豊かな音量を得るために大きなふくべの頂上を切り取った共鳴器の中に楽器をすっぽり入れて弾奏することも広く行われている。 サンザの名称はコンゴ民主共和国の一地方の呼び名で,ほかにムビラmbira,カリンバkalimba,リケンベlikembeなど,地域によって,楽器の形態によってさまざまな呼称がある。欧米ではこれを〈親指ピアノthumb piano〉の通称で呼ぶことが一般化している。…

※「ムビラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android