コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接頭辞 せっとうじprefix

翻訳|prefix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接頭辞
せっとうじ
prefix

接辞の一つ。それ自身単独で発話されることがなく,常に語根自立語 (または自立語に音形も意味も似た形態素 ) に前接して全体で一語を形成し,その語根や単語に語義的特徴ないしは文法的特徴を加える役割を果す言語形式をいう。「お-寺」「まん-中」,prefixなど。接頭辞には「オ-」のようにいまなお生産力がある生きた接辞と,「素-手」「素-足」「素-顔」の「素-」のように限られた単語にしかつかず,すでに生産力を失ったものとがある。「か-弱い」「た-やすい」「さ-霧」などにおいては,現在では意味が不明瞭か不明なものになっている。接辞は自立性の点で合成語の構成要素と区別されるが,「うち-明ける」「さし-戻す」など,その固有の意味が失われ,境界線上にあるものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

接頭辞【せっとうじ】

接辞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の接頭辞の言及

【語尾】より

…なお,派生語尾がついてできあがった語幹や単語が長い時間を経過すると,その語尾の意味が不明瞭になり,語尾といえるかどうかわからなくなる場合もある。なお,接尾辞は語幹または語根の前に付着する接頭辞,真ん中に割ってはいる接中辞などとともに接辞と総称する。【湯川 恭敏】。…

※「接頭辞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

接頭辞の関連キーワードニジェールコルドファン語族浮動小数点コプロセッサーアフロ・ミュージックアウストロアジア語族オーストラリア諸語インドネシア諸言語モンクメール語派イグノーベル賞プレフィックスエコンドライトプリフィックスクバティナンクジャウェンアンダマン語シュメール語バントゥ諸語バントゥ語族メタデータスワヒリ語マルウエア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

接頭辞の関連情報