コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムボム川 ムボムがわMbomou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムボム川
ムボムがわ
Mbomou

アフリカ大陸中部の川。別称ボム Bomu川。ウバンギ川の上流。全長約 750km。中央アフリカ共和国南東端,コンゴ民主共和国南スーダンとの国境付近に源を発し,コンゴ民主共和国国境に沿ってほぼ西流,途中数本の支流を合わせたのち, バンガスー南西方でコンゴ民主共和国のウェレ川と合流,ウバンギ川となる。1877年ギリシアのパナヨティス・ポタゴスが探検。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムボム川の関連キーワードアザンデラファイ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android