コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムルシア王国 ムルシアおうこく Kingdom of Murcia

1件 の用語解説(ムルシア王国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムルシア王国
ムルシアおうこく
Kingdom of Murcia

スペイン南東岸にあったイスラム王国。 11世紀スペインにおける西カリフ国の解体に伴い,イスラム社会は多数の小王国に分裂,そのなかの一つがムルシアで,1063年独立。のちセビリア王国により併合された (1079) が,再度独立し,ムラービト (アルモラビド) 朝とカスティリアとの緩衝国的役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のムルシア王国の言及

【ムルシア】より

…ムルシアは後ウマイヤ朝(カリフ朝王国)下で農業と絹織物工業によって繁栄する。後ウマイヤ朝王国が分裂する11世紀,イスラム小侯国の一つとしてムルシア王国が現れたが,たびたび周辺の侯国の支配を許した。再征服を推進するフェルナンド3世は1243年ムルシア王国をカスティリャの保護領にした。…

※「ムルシア王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムルシア王国の関連キーワードハイデラバードハエンポートオブスペインイスパニアカスティーリャ組曲「スペイン」イスラム諸国会議モロッコのスペイン領マタラム・イスラムレビ・プロバンサル

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone