コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムンドゥ Moundou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムンドゥ
Moundou

チャド南西部の町。西ロゴネ県の行政庁所在地。ンジャメナ南南東約 400km,西ロゴネ川沿岸に位置。ワタ栽培地帯の中心地で,1939年に綿花研究所が設立されたほか,綿花加工工場,ビール工場などがある。商業中心地でもあり,国内空港がある。人口 11万 7500 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ムンドゥ(Moundou)

チャド南部の都市。ロゴンヌオクシデンタル州の州都。同国南部の交通の要地であり、穀物、綿花の集散地。繊維業、製油業が盛ん。ムーンドゥー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ムンドゥの関連キーワードゴーダーバリー[川]シャイレーンドラ朝レーナ クルーンムンドゥット寺院ボロブドゥールムンドゥッ寺院東南アジア美術記号論理学パオン寺院ブルーノトゥピ族スエビ族チャドスエビムート仮面

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android