コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイラン Meijlan, Germain Felix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メイラン
Meijlan, Germain Felix

[生]1775
[没]1831.6.12. バタビア(現ジャカルタ)
江戸時代後期のオランダの長崎出島商館長。 1806年東インド会社会計副検査官となり,のち検査官,地租監督官を経て,26年日本商館長に任命され,文政 10 (1827) 年長崎に着任した。3年間在任して,貿易仕法の改正,シーボルト事件の処理に尽力,また日本事情を調査して日本誌"Japan" (30) および『日本貿易史』 Geschiedkundig Overzigt van den Hendel der Europezen op Japan (33) を著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

メイラン Meijlan, Germain Felix

1785-1831 オランダ商館長。
東インド会社のバタビア(ジャカルタ)政庁に勤務し,文政9年(1826)長崎出島に赴任。脇荷貿易(対日私貿易)の改善につとめ,11年のシーボルト事件では円満解決につくす。バタビアに帰任してまもなくの1831年6月12日死去。46歳。ライデン出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

メイラン

没年:1831.6.12(1831.6.12)
生年:1785
江戸後期のオランダ商館長。ライデン生まれ。1803年に東インドへ渡り,文政9(1826)年に出島商館長として来日。着任後,対日貿易の改善,商館内部の対立解消をめざして個人貿易協会を設立,短期間ながら一定の成果をあげた。またシーボルト事件(1828~29)では日蘭の仲介役として円満な解決に努力。清廉潔白で温厚な人柄は長崎奉行,シーボルト,東インド政庁役人らの称賛するところであった。バタビア帰任後数カ月で死去。『日本』(1830年刊),『日欧貿易概観』(1833年刊)の著書があり,前著では日本の風俗習慣,長崎の行政などの記述に加え,日本人の性格を「疑い深く秘密主義で酒色に耽り,執念深く残忍な半面,正直で国に忠誠を尽くし,父母や子を愛し,友情に堅い」と評している。<参考文献>永積洋子「オランダ商館の脇荷貿易について―商館長メイランの設立した個人貿易協会(1826~30)」(『日本歴史』379号)

(鳥井裕美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

メイランの関連キーワード中国演劇貴妃酔酒欧陽予倩京劇

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メイランの関連情報