岡研介(読み)オカケンカイ

  • おかけんかい〔をか〕
  • 岡研介 おか-けんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1799-1839 江戸時代後期の医師。
寛政11年生まれ。広島の蘭方医中井厚沢(こうたく)にまなび(はぎ)で開業。文政7年長崎にゆきシーボルトに師事して鳴滝塾の初代塾頭となる。天保(てんぽう)元年大坂で開業後,故郷周防(すおう)(山口県)岩国藩医となった。天保10年11月3日死去。41歳。名は精。(あざな)は子究。号は周東,万松精舎。著作に「生機論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1799‐1839(寛政11‐天保10)
江戸後期の蘭方医。周防国出身。儒学を広瀬淡窓・亀井昭陽らに,蘭方医学を中井厚沢・吉雄耕牛・大槻玄沢らに学び,シーボルト門に入り蘭学の才を認められて鳴滝塾第2代塾頭となった。のち友人坪井信道のすすめで江戸に出る途次,大坂で同郷の先輩斎藤方策と会い,そのまま大坂に開業,郷里岩国侯に召されて大坂を去ったが,そのころから精神病を発して没した。著書に日本最初の生理学総論書《生機論》(1831成稿)や,シーボルトに提出した論文《紀州産鯨についての記述》(梶取屋治右衛門《鯨志》の蘭訳)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1799~1839 江戸後期の蘭方医。周防の人。名は精、字あざなは子究、号は周東。研介は通称。漢学を広瀬淡窓に、蘭学・医学をシーボルトに学び、大坂で開業。著「生機論」「蘭説養生録」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸後期の医者。号、周東。周防の人。シーボルトに師事。大坂で開業。「生機論」を著わして生理学を紹介。寛政一一~天保一〇年(一七九九‐一八三九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の岡研介の言及

【鯨志】より

…図は画工が,クジラを実見し,写生したものがもとになっている。来日したP.F.vonシーボルトは日本のクジラに関心をもち,門人の高野長英,石井宗謙,岡研介たちにクジラに関する論文を書かせた。シーボルトは,論文から得た知識を自著《日本Nippon》(1832‐52),《日本動物誌Fauna Japonica》(1833‐50)で利用している。…

※「岡研介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報