コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガオメテオラ修道院 メガオメテオラしゅうどういん

1件 の用語解説(メガオメテオラ修道院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

メガオメテオラしゅうどういん【メガオメテオラ修道院】

ギリシア北西部、テッサリア地方の北端、カランバカ(Kalambaka)郊外の奇岩の山中にある、ギリシア正教修道院メテオラ(Meteora)の、現存する6つの修道院のうちの一つ。標高616mに建つ修道院で、メテオラの中で一番規模が大きく、この地域の修道院を統括していた。また、キリストや預言者ダニエルなどの宗教画や写本など数多くの美術品を収蔵しているため、メテオラで最も重要な修道院とされている。1387年建造の主聖堂があり、1483~1552年の間に描かれた壁画が残っている。かつての食堂の建物が現在は博物館として公開されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メガオメテオラ修道院の関連キーワードアカイア人テッサリアテッサロニキヘラスΈδεσσαΚαστράκιΚαλαμπάκαΒόλοςΛάρισαフィロン[ラリッサの]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone