コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガラ・ヒュブレア Megara Hyblaia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガラ・ヒュブレア
Megara Hyblaia

シチリア島の東岸,シラクサの北西方に位置した古代ギリシアの都市。前 728年頃メガラにより植民されたといわれているが,近年の発掘成果から植民の時期を前 750年頃とする説もある。約 250年間繁栄したのち,前 483年ゲロンにより破壊された。ティモレオンの治下に再建され一時栄えたが,前 214年 M.マルケルスにより再び破壊された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メガラ・ヒュブレアの関連キーワードシチリア島セリヌス

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android