コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガラ・ヒュブレア メガラ・ヒュブレアMegara Hyblaia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガラ・ヒュブレア
Megara Hyblaia

シチリア島の東岸,シラクサの北西方に位置した古代ギリシアの都市。前 728年頃メガラにより植民されたといわれているが,近年の発掘成果から植民の時期を前 750年頃とする説もある。約 250年間繁栄したのち,前 483年ゲロンにより破壊された。ティモレオンの治下に再建され一時栄えたが,前 214年 M.マルケルスにより再び破壊された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メガラ・ヒュブレアの関連キーワードシチリア島セリヌス

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android