メグナ川(読み)メグナがわ(英語表記)Meghna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メグナ川
メグナがわ
Meghna

バングラデシュ南東部の川。インドのメガラヤ州に源を発するスルマ川とその諸支流が合流して形成され,南南西流して,ダッカ南南東約 40kmで,ガンジス川およびブラマプトラ川下流のパドマ川を合せる。のち南流して途中で4つの河口に分れ,ベンガル湾に注ぐ。水運網の動脈の一つで,ジュート,茶などの搬出に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android