メスメリズム(読み)めすめりずむ

世界大百科事典内のメスメリズムの言及

【催眠】より

…この神秘的な治療法の流行に対して,1784年フランス政府は化学者ラボアジエをはじめとする調査委員会を設置し,真相の解明にあたらせたが,委員会は動物磁気説を否定し,何か心理的な原因によるものとの結論を下した。この療法は下火となったものの,催眠研究の端緒となったことは否定しえず,その後長くメスメリズムmesmerismと呼ばれることになった。約半世紀後の1843年,イギリスの外科医ブレードJames Braid(1795‐1860)は《神経催眠学Neurypnology》なる本を著し,今日用いられるもろもろの催眠誘導法を発表するとともに,催眠(術)hypnotismなる言葉を初めて用いた。…

【信仰治療】より

… 18世紀に出たオーストリアの医師メスマーは,薬物を用いないで,こうした触れることで伝わる流動体を〈動物磁気〉の名でよび,みずからこれによってウィーン,パリで大勢の人を治した。霊波とか動物磁気の実体は科学的には実証できなかったが,このメスマーの治療行為こそ,そのままメスメリズム(暗示療法)の名として残ることになり,これによりかつてギリシア人が子宮があばれまわるためと考えたヒステリーの本体がつかめるようになった。つまり心因性のヒステリー性盲目,手足の麻痺などは,暗示によって劇的に治ってしまうからである。…

【動物磁気説】より

F.A.メスマーの立てた学説で,メスメリズムmesmerismともいう。すなわち,人体はすべて宇宙に満ちているガスの一種である動物磁気の作用下にあり,体内においてこの磁気の不均衡が生ずると病気になるというものである。…

【メスマー】より

…ドイツの医者,動物磁気説の提唱者。ウィーン大学で医学を学び同地で開業,パラケルススJ.B.vanヘルモントキルヒャーらの磁気論に基づく磁気療法(メスメリズムmesmerism)を試み,多くの難病を治し評判となった。万物相互間に働く万有引力は,宇宙に遍在する磁気的性質を帯びた微細な粒子からなる流体によって伝達されるとし,これを〈動物磁気〉と名付けた。…

※「メスメリズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android