コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メソソム mesosome

1件 の用語解説(メソソムの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

メソソム

深成岩的な外見を持つミグマタイト系列の優黒質(mesocratic)な部分[Henkes & Johannes : 1981].リューコソムよりも暗色で細粒であり,片岩や片麻岩のような変成岩的な外見を持つ[Ashworth : 1985].中間の色の物質である.パレオソムを含む[Johannes & Gupta : 1982].ヨハネスはパレオソムの中で片麻岩状や片岩状の部分をメソソムの語を用い,優白色の深成岩的な部分をリューコソム,有色鉱物に富む暗色の縁部をメラノソムと呼ぶことを主張している[Johannes : 1983].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メソソムの関連キーワードミグマタイト化作用深成岩系列ミグマタイト前縁オルソミグマタイト眼球ミグマタイトスティクトライトポリミグマタイトレンズ状ミグマタイトリューコソムミグマタイト的ペグマタイト

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone