コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチシリン methicillin

翻訳|methicillin

大辞林 第三版の解説

メチシリン【methicillin】

天然ペニシリンに耐性をもつ菌を対象に1960年に作られた半合成ペニシリンの一。グラム陽性菌・グラム陰性球菌・放線菌などに有効であったが、近年耐性をもつ菌が現れた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のメチシリンの言及

【ペニシリン】より

…この目的のために多数の半合成ペニシリンが得られたが,代表的なものに,アンピシリン(酸に安定で経口投与可能な広範囲ペニシリン。ペニシリナーゼでこわされる),ジクロキサシリン(ペニシリナーゼ抵抗性,経口投与可能,グラム陰性杆菌に無効),カルベニシリン(とくに緑膿菌に有効),スルペニシリン(カルベニシリンに似る),メチシリン(ペニシリナーゼ抵抗性)などがある。
[セファロスポリンC]
 1955年にイギリスのアブラハムE.P.AbrahamとニュートンG.G.F.Newtonによって別のカビ(Cephalosporium acremonium)から得られた抗生物質で,ペニシリンと基本骨格がきわめてよく似ており,ペニシリン群とセファロスポリンC群を総称してβ‐ラクタム抗生物質と呼ぶ。…

※「メチシリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メチシリンの関連キーワード「伝染病予防法」から「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」へMRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)感染症MRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)肺炎バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)バンコマイシン耐性黄色葡萄球菌老化にともなう免疫異常と症状メチシリン耐性黄色ブドウ球菌メチシリン耐性黄色葡萄球菌多剤耐性黄色葡萄球菌子どもの急性中耳炎抗菌性セラミックス急性化膿性乳腺炎半合成ペニシリン感染症予防医療法スーパー耐性菌MRSA感染症VRE院内感染バンコマイシングラム陽性菌

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メチシリンの関連情報