コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メテクシス メテクシスmethexis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メテクシス
methexis

「分有」「関与」の意のギリシア語。特にプラトン哲学でもろもろのイデアと感覚的個物との関係を説明する概念 (『パイドン』『パルメニデス』) でミメーシスと同様に用いられている。たとえば美のイデアは個々の美しきものの根拠であり,個々のものは美のイデアに関与し,このイデアを分有することによって美しきものとなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android