コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メディナ・デル・カンポ Medina del Campo

世界大百科事典 第2版の解説

メディナ・デル・カンポ【Medina del Campo】

スペイン中央部,カスティリャ・レオン地方の都市。人口1万4228(1978)。周辺の農業地帯ティエラ・デ・カンポスの中心で,農産物の加工業,畜産業が盛ん。15世紀半ばには国際的交易と金融の中心地で,市(いち)の開催で有名だった。16世紀初頭のコムネロスの反乱のとき,カール5世に反対する都市の一つとなった。ラ・モタ城(1440建設)はイサベル1世が好んで滞在し,ここで死去した。後年チェーザレ・ボルジアもここに幽閉された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

メディナ・デル・カンポの関連キーワードモレホンアコスタ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android