コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コムネロスの反乱 コムネロスのはんらんTumulto de los Comuneros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コムネロスの反乱
コムネロスのはんらん
Tumulto de los Comuneros

16世紀初め,スペインに起ったコムニダー (都市の自治組織) の反乱。コムネロスはコムニダーの構成市民をさす。スペイン王カルロス1世 (→カルル5世 ) は絶対主義支配を徹底させるためフエロ,すなわち都市の中世的特権に圧力を加えた。また彼が神聖ローマ皇帝となった選挙費用の支出をスペインのコルテスに要求した。コルテスに代表を送っていた都市はこれに反対し,まずトレド市民がコムニダーを組織し反乱を起した (1520) 。このコムネロスの反乱はカスティリア,アンダルシア,レオンに拡大したが鎮定された (21) 。近代初期にスペインに起った革命として注目されている。コムニダーは本来,自治都市組織をさしたが,絶対王政によりその権利を奪われたので,権力に抵抗する場合にのみ市民による自治組織として再現された。ほかに同名の反乱がコロンビア,パラグアイにも起った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コムネロスの反乱【コムネロスのはんらん】

16世紀初頭スペインのカスティリャ王国で起きた,国王カルロス1世(カール5世)の絶対主義支配に対する自治都市市民コムネロスcomunerosの反乱。1519年カスティリャのトレドに始まり,他の諸都市に拡大した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コムネロスのはんらん【コムネロスの反乱】

16世紀初頭,スペインのカスティリャ王国で起こった諸都市の反王権蜂起。国王カルロス1世は,ドイツ皇帝に選出されるために多額の費用を国際的金融業者から借り入れたが,その返済を含めて王室経費を捻出するために,1520年コルテスを召集し,強圧的に上納金承認を可決させてドイツに赴いた。これを契機にカスティリャ諸都市住民は,反乱のための〈誓約団体〉(コムニダードcomunidad)を結成し(その構成員をコムネロスcomunerosという),コレヒドールや王権と結託する都市寡頭支配者を攻撃し,都市統治権を掌握した。

コムネロスのはんらん【コムネロスの反乱】

18世紀末スペイン領ヌエバ・グラナダ副王領(現,コロンビア)で,植民地生れの白人商人を中心として起きた民衆反乱。1779年の米西同盟にもとづく対英戦の戦費調達のため,スペインは植民地に増税を命じたが,巡察使フランシスコ・グティエレスが実施した新税の導入と,塩・タバコの専売権料の増額に対し,81年4月ベルベオJuan Francisco Berbeoはソコロ(現,サンタンデル州)で4人の商人を中心に6000人を結集した革命委員会〈コムンcomún〉を結成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコムネロスの反乱の言及

【サラマンカ】より

…国土回復戦争においては,ドゥエロ川を渡河して攻め込むキリスト教徒軍に対し,徹底抗戦したイスラム教徒の拠点となった。コムネロスの反乱(1519‐21)では,カルロス1世に反旗を翻し敗れたが,18世紀初頭のスペイン継承戦争に際しては,フェリペ5世を支持し,カスティリャの陣営に加わった。郊外のアラピレスArapilesは,1812年7月22日,ウェリントン将軍指揮下のイギリス・スペイン連合軍が,マルモン将軍率いるフランス軍を破り,スペイン独立戦争の趨勢を決めた地として名高い。…

【セゴビア】より

…マドリードをイスラム教徒から解放したのは,セゴビア人である(1083)。だがコムネロスの反乱(1519‐21)では,異国人の国王カルロス1世に対抗して敗れ,さらに16世紀から17世紀にかけ,外国遠征ならびに経済危機,疫病などによるカスティリャ王国の衰退とともに,かつての力を失っていった。こうした歴史から,1978年憲法発布後に地方自治制度が確立されていく過程で,独自の自治権を要求したが承認されず,カスティリャ・レオン地方の中に組み入れられた。…

【メディナ・デル・カンポ】より

…15世紀半ばには国際的交易と金融の中心地で,市(いち)の開催で有名だった。16世紀初頭のコムネロスの反乱のとき,カール5世に反対する都市の一つとなった。ラ・モタ城(1440建設)はイサベル1世が好んで滞在し,ここで死去した。…

※「コムネロスの反乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コムネロスの反乱の関連キーワードメディナ・デル・カンポカール[5世]サラマンカパディリャ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android