コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルギー諸島 メルギーしょとう Mergui Archipelago

3件 の用語解説(メルギー諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メルギー諸島
メルギーしょとう
Mergui Archipelago

ミャンマー南東部,マレー半島基部の西岸沖,アンダマン海にある島群。大小約 200の島から成る。おもな島はマリ島,カダン島,サガンシット島,レツォコー島,ランビ島など。古くから島民は漁業,農業を行い自給自足の生活を続けてきたが,独立後は真珠採取が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メルギー‐しょとう〔‐シヨタウ〕【メルギー諸島】

Mergui Archipelagoミャンマー南部、マレー半島西岸の沖合のアンダマン海に浮かぶ諸島。マリ島、カダン島をはじめ、南北約530キロメートルにわたって、大小約800もの島々からなる。海上生活を送るモーケン族が多く居住。1990年代末より外国人の観光が解禁され、海岸保養地として知られるようになった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メルギー諸島
めるぎーしょとう
Mergui Archipelago

ミャンマー(ビルマ)南部、マレー半島北西部のテナセリム海岸西方沖にある諸島。カダン、ランピ、レツォーク・アウなどの大島をはじめ、北端のタボイ島から南端のシミラン島まで530キロメートルにわたって、約800の島々が分布、多島海を形成している。マレー半島を構成する山地の一部が沈降したもので、南端は半島最狭部のクラ地峡に接する。住民は少なく、ビルマ人とセルング人のほか、マレー系のモーケン人が諸島の間を家舟に乗って移動生活を行っている。その人口は約6000と推定され、おもに漁業に従事し、沿岸の町などで物資の交換をしている。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メルギー諸島の関連キーワードアンダマン海カレン族クラ地峡ピンマナマレー半島ミャンマー羽咋ランタウパンジャンミャンマーのサイクロン被害カレン[州]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メルギー諸島の関連情報