コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルボルンの州議事堂 メルボルンのしゅうぎじどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

メルボルンのしゅうぎじどう【メルボルンの州議事堂】

オーストラリア第2の都市メルボルンにある、1856年に建築されたギリシアの神殿のようなコリント様式の建物。1901~1927年まで、首都がキャンベラに移るまで国の連邦議事堂として使用され、その後再び州の議事堂になった。内部にはウェストミンスター大聖堂レプリカとされる家具が配置されて荘厳な雰囲気を漂わせていて、現在も使用されている歴史ある建物として見物客も多い。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

メルボルンの州議事堂の関連キーワードオーストラリア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android