コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルボルンの州議事堂 メルボルンのしゅうぎじどう

1件 の用語解説(メルボルンの州議事堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

メルボルンのしゅうぎじどう【メルボルンの州議事堂】

オーストラリア第2の都市メルボルンにある、1856年に建築されたギリシアの神殿のようなコリント様式の建物。1901~1927年まで、首都がキャンベラに移るまで国の連邦議事堂として使用され、その後再び州の議事堂になった。内部にはウェストミンスター大聖堂のレプリカとされる家具が配置されて荘厳な雰囲気を漂わせていて、現在も使用されている歴史ある建物として見物客も多い。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メルボルンの州議事堂の関連キーワードオーストラリアオーストラリア区オーストラリア亜区オーストラリアンバロットオーストラリア室内管弦楽団メルボルン交響楽団メルボルンマラソンメルボルン国際映画祭オーストラリアン・ミスト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone