コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンデ族 メンデぞくMende

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メンデ族
メンデぞく
Mende

西アフリカのシエラレオネおよびリベリアの一部の住民。言語はニジェール=コンゴ語派に属するマンデ諸語のメンデ語を話す。人口約 150万と推定される。主要作物は米であるが,ヤムいも,キャッサバなども栽培する。カカオ落花生,油やしは換金作物で,移動耕作も行う。村や小さな町がいくつか集って1つの地域共同体をつくり,その地域に祖先をもつ父系子孫の長老が首長となる。さらに数個の地域共同体を統率する大首長がいる。宗教はポロという秘密結社により統制されているが,教育,性問題,農作業,軍事訓練なども指導する。女性のサンデという秘密結社もある。創造神,祖先神,自然神を信仰し,病気や不幸時には呪術師に頼る。最近はこのような伝統も滅びつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のメンデ族の言及

【シエラレオネ】より

…シエラレオネの地域には,最初はリンバ族が優勢であった。15世紀にはテムネ族やシェルブロ族が沿岸地域を占め,16世紀にメンデ族が南東から移住してきた。15世紀にヨーロッパ人が到来すると,これらの部族は沿岸交易を競い合った。…

※「メンデ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

メンデ族の関連キーワードニジェール

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android