コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンデ族 メンデぞくMende

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メンデ族
メンデぞく
Mende

西アフリカのシエラレオネおよびリベリアの一部の住民。言語はニジェール=コンゴ語派に属するマンデ諸語のメンデ語を話す。人口約 150万と推定される。主要作物は米であるが,ヤムいも,キャッサバなども栽培する。カカオ落花生,油やしは換金作物で,移動耕作も行う。村や小さな町がいくつか集って1つの地域共同体をつくり,その地域に祖先をもつ父系子孫の長老が首長となる。さらに数個の地域共同体を統率する大首長がいる。宗教はポロという秘密結社により統制されているが,教育,性問題,農作業,軍事訓練なども指導する。女性のサンデという秘密結社もある。創造神,祖先神,自然神を信仰し,病気や不幸時には呪術師に頼る。最近はこのような伝統も滅びつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のメンデ族の言及

【シエラレオネ】より

…シエラレオネの地域には,最初はリンバ族が優勢であった。15世紀にはテムネ族やシェルブロ族が沿岸地域を占め,16世紀にメンデ族が南東から移住してきた。15世紀にヨーロッパ人が到来すると,これらの部族は沿岸交易を競い合った。…

※「メンデ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メンデ族の関連キーワードニジェール

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android