コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メーワール Mewār

世界大百科事典 第2版の解説

メーワール【Mewār】

インド北西部,ラージャスターン州南東端部の地方名。旧ウダイプル藩王国の別称。西のアラバリ山脈とその東麓部に広がる沖積平坦面からなる。ガンガー(ガンジス)川水系のバナス川とカンバト(キャンベイ)湾に注ぐマーヒー川の分水域にあたり,北インドとアラビア海沿岸地方を結ぶ交通上,戦略上の要衝を占める。トウモロコシの産が多く,そのほか小麦,綿花,油料作物などを産する。紡績,セメントなどの工業も立地する。12~17世紀の長期にわたるムスリム諸勢力に対する勇猛な抵抗をもってインド史上名高い,ラージプート族の盟主シソーディヤ氏族の根拠地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メーワールの関連キーワードミーラー・バーイーミーラー・バーイーグヒラ朝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android