コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モクメシャチホコ Cerura vinula

世界大百科事典 第2版の解説

モクメシャチホコ【Cerura vinula】

鱗翅目シャチホコガ科の昆虫。開張約6~7cm。体翅とも明るい灰白色,前翅にうす墨色の木目状の斑紋があるのでこの名がある。雄の触角は太い櫛歯(くしば)状。本種によく似たオオモクメシャチホコとともに,ユーラシアの温帯に分布,日本でもまれでない。年1化,6~7月ころ出現する。幼虫はヤナギ,ポプラの葉上におり,尾脚が1対の長い尾状の突起に変化し,独特の姿態を示す。樹幹上に固い繭をつくってさなぎになり越冬する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android