コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モスコプロス Moschopoulos

世界大百科事典 第2版の解説

モスコプロス【Moschopoulos】

1300年ころに活躍したビザンティン帝国の古代ギリシア文学研究者。生没年不詳。プラヌデスの弟子。ピンダロスの《オリュンピア競技祝勝歌》をはじめ幾つかの古典詩作品に注釈を施したが,それよりも,ギリシア語文法を簡潔にまとめた入門書を編み,後の西欧ルネサンスの古代ギリシア語復興に寄与することになったことがよく知られている。ほかに,アッティカ方言の単語を集めた小辞典も著している。【片山 英男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

モスコプロスの関連キーワード平城遷都1300年記念事業日本のおもな学会・協会シャハブ3弾道ミサイルアジアゾウの減少小崎正義野田江里子オートモ号車せんとくん市橋氏カバルカンティ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android