コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モソ語 モソご Moso language

1件 の用語解説(モソ語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モソ語
モソご
Moso language

中国,雲南省北西部に話されている言語。ナキ語ともいう。現在はナシ (納西) 語が正式名となっている。ロロ語と最も近い関係にあり,いわゆるチベット=ビルマ語族のロロ諸語の一つとされる。中国語やチベット語からの借用語が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモソ語の言及

【ナシ語】より

…中国雲南省麗江ナシ族自治県を中心に分布し,23万人ほどの話し手がいる。従来はモソ語Mosoと呼ばれた。基本単位は子音と母音からなる開音節言語で,各音節は一つの声調をもつ。…

※「モソ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モソ語の関連キーワード自然言語公用語ワ族九州現代語博愛雲南[省]消滅の危機にさらされている言語リス族(傈僳族)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone