コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モハーの断崖 モハーノダンガイ

デジタル大辞泉の解説

モハー‐の‐だんがい【モハーの断崖】

Cliffs of Moher》アイルランド西部、大西洋岸の断崖。クレア州のドゥーランからハグス岬まで約8キロメートルに渡り、高さ100メートルから200メートル程度の断崖が連なる。同国屈指の景勝地として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

モハーのだんがい【モハーの断崖】

アイルランドの西部クレア州の大西洋岸にある、約8kmにわたって続く、高さ120~200m以上の大断崖。同国随一と賞賛される壮大な眺望を眺めることができる。◇「モハーの断崖」はアイルランド語で「破滅の崖」という意味。同国南西部の都市リムリック(Limerick)からバスで1時間40分ほどの場所にある。この断崖の高さは、断崖の岬の突端に1835年に建てられた石造のオブライエン塔(O'Brien's Tower)付近で最高点の214mに達する。塔の頂上からは、晴れた日にはアラン諸島やゴールウェイ湾、コネマラ地方の遠望が楽しめる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

モハーの断崖の関連キーワードオブライエンの塔アイルランド

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android