遠望(読み)エンボウ

デジタル大辞泉の解説

えん‐ぼう〔ヱンバウ〕【遠望】

[名](スル)遠くを望み見ること。遠見(とおみ)。「遠望がきく」「見晴らし台から遠望する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐ぼう ヱンバウ【遠望】

〘名〙
① 遠方をのぞみ見ること。はるかに見渡すこと。とおみ。みわたし。
※経国集(827)一三・九日翫菊花篇〈嵯峨天皇〉「登高遠望坐花院。翫菊花菊花鞾黄」 〔東方朔‐七諫〕
② 遠い将来までの見通しをつけること。また、過去のある時代を、現在から顧みること。
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「只管官吏を侮り軽しめ遂には此邦をも併呑すべき遠望(ヱンバウ)ある事彰然たり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報