モンガー湖(読み)モンガーこ

世界の観光地名がわかる事典の解説

モンガーこ【モンガー湖】

オーストラリアの西部最大の都市パース郊外にある、ブラックスワン(黒鳥)やペリカンで有名な人工湖。そのほか、スワンフェン、クートガチョウなど、普段は見ることができないさまざまな野鳥を見ることができる。湖の周辺は約3.5kmで、ウォーキングやジョギングの人気スポットにもなっている。◇現地名は「Lake Monger」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android