コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンクット Mongkut

世界大百科事典 第2版の解説

モンクット【Mongkut】

1804‐68
タイの現在の王朝ラタナコーシン朝第4代の王。在位1851‐68年。プラ・チョームクラウ王,ラーマ4世Rama IVとも呼ぶ。最高位の王位継承権をもちながら,政治的理由で位を異母兄に譲り,王位につくまで27年の僧院生活を送った。その間フランス人神父との交遊を通じてキリスト教文明に触れ,アメリカ人宣教師から習得した英語を武器として積極的に西洋の先進文明を学び,当時の開明的知識人グループの指導者的役割を演じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンクット

ラーマ4世」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のモンクットの言及

【タイ】より

…徴税請負人の多くが華僑であったことは華僑のタイ化の促進に貢献した。 4世王モンクット(在位1851‐68)は,先進資本主義諸国の自由貿易要求を受け入れ,開国政策によって,近代化の契機を開いた啓蒙君主として知られる。55年に締結されたボウリング条約は,支配層の伝統的経済基盤をゆるがせ,タイに社会秩序の再編成を迫った。…

【レオノーウェンス】より

…タイのモンクット王が1862年にシンガポールからバンコクへ招聘したイギリス人の宮廷英語教師。1867年まで王子たちに英語を教え,少年時代のチュラロンコンの西洋文化理解に大きな影響を与えたとされる人物。…

※「モンクット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

モンクットの関連キーワードレオノーウェンスラーマ(4世)ボーリング条約R. ダムロンチュラロンコンチャクリー朝バンコク朝ダムロン