コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重臣会議 じゅうしんかいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重臣会議
じゅうしんかいぎ

昭和初期から第2次世界大戦まで,天皇の側近にあった重職者による会議の呼称で官制上の名称ではなかった。枢密院議長および首相経験者によって構成され,国家の重要問題について天皇に対し意見を述べ,特に元老西園寺公望の求めに応じて,首相候補の推薦のための協議を内大臣とともに行なった。 1940年西園寺が死去したあとは,それまで西園寺が行っていた元老としての役割を果し,太平洋戦争末期の和平工作にも大きな役割を演じた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうしん‐かいぎ〔ヂユウシンクワイギ〕【重臣会議】

第二次大戦前、内大臣を補佐して後継首相の選定などを行った会議。五・一五事件後、元老西園寺公望の勧告で設置。法的根拠はなく、首相経験者・枢密院議長などで構成された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうしんかいぎ【重臣会議】

五・一五事件後、元老西園寺公望の示唆によって、内大臣・枢密院議長・総理大臣経験者などを集めて設けた会議。後継首相の選任や国家の大事について議した。第二次大戦後、消滅。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重臣会議
じゅうしんかいぎ

昭和期に後継首相を天皇に推薦することを主要な目的として開かれた会議。元老、内大臣、枢密院議長、首相の前官礼遇者(功労顕著により、退官後も在官中の待遇を与えられた者)をもって構成された。1934年(昭和9)斎藤実(まこと)内閣総辞職に際して、元老西園寺公望(さいおんじきんもち)と牧野伸顕(まきののぶあき)内大臣および重臣が宮中に集まり、岡田啓介(けいすけ)を後継首相に推薦した。以後、首相選定の際に毎回開かれたわけではないが、37年4月には、内大臣が中心となり、元老、さらに必要な場合には重臣と協議して後継首相を推挙する方針が改めて採用された。しかしこの方式はすぐには慣行化せず、重臣会議はしばらく開かれず、内大臣が元老の同意を得て首相の選定を行っていた。重臣会議が慣例化したのは40年6月、木戸幸一(こういち)が内大臣になってからである。同年7月の米内光政(よないみつまさ)内閣総辞職にあたり、元老西園寺が後継首相の協議にあずかることを拒否したため、重臣会議の決定で第二次近衛文麿(このえふみまろ)内閣が成立した。以後、45年4月の鈴木貫太郎内閣成立まで内大臣と重臣の協議により首相が選定されたが、この重臣会議の主導権は木戸内大臣が握っていた。[粟屋憲太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の重臣会議の言及

【重臣】より

…だが1924年に元老は西園寺公望ただひとりとなり,ついで軍部が進出すると,重臣がこうした元老の任務を補強するようになった。すなわち五・一五事件で犬養毅政友会内閣が倒れると,西園寺は内大臣,枢密院議長,元首相および陸海軍元帥の意見をきいて斎藤実を推し,ついで同内閣が倒れると元首相,枢密院議長,内大臣の重臣会議を開いて岡田啓介を推薦した。軍部急進派はこれを元老・重臣の画策として攻撃した。…

※「重臣会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重臣会議の関連キーワード岡田啓介内閣小磯国昭内閣宮廷グループ木戸 幸一木戸幸一一色義貫広田弘毅応仁の乱選任三魔

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重臣会議の関連情報