コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モントピーリア Montpelier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モントピーリア
Montpelier

アメリカ合衆国,バーモント州州都。ウィヌースキ川上流にあり,グリーン山脈を横断する通路上の要点にあたる。 1805年州都となり,48年市制。花崗岩メープルシロップを特産するほか,印刷などの軽工業がある。人口 8247 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モントピーリア
もんとぴーりあ
Montpelier

アメリカ合衆国、バーモント州中部、ウィヌースキー川に臨む都市で、同州の州都。人口8035(2000)。州都としては人口が合衆国最小である。グリーン山脈の中に位置し、豊富な林業と世界有数の花崗(かこう)岩産地を控えてその市場・取引地として知られる。製材業や記念碑などの花崗岩加工業のほか、プラスチック、メープルシロップなどがつくられる。また、19世紀から続く保険業の町でもある。豊かな自然にも恵まれており、とくに冬季はリゾート地として親しまれている。1780年に町が開かれ、1805年以来州都となっている。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モントピーリアの関連キーワードアメリカ合衆国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android