モンマスシャー(英語表記)Monmouthshire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンマスシャー
Monmouthshire

イギリスウェールズ南東部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。行政府所在地クンブラン。ウェールズ語では Sir Fynwy。東でイングランドに接し,南部はセバーン川の河口に面する。中央部のアスク川流域には平野が広がり,セバーン川河口部の起伏のある海岸平野へと続く。東部にワイ川河谷があり,北部はブレコンビーコンズ国立公園の山岳地帯の一部。旧モンマスシャー県に属する。1974年の自治体再編でグウェント県の一部となり,1996年に単一自治体となった。16世紀から 20世紀初頭にかけて,行政区分上イングランドとウェールズの間を行き来したが,今日ではウェールズ固有の土地と見なされている。産業の中心は農業だが,都市部では軽工業や商業も発展しつつあり,ニューポートなど西部の都市のベッドタウンにもなっている。セバーン川にかかるセバーン橋および第2セバーン橋を経て道路で,セバーン・トンネルを経て鉄道で南イングランドと結ばれている。面積 851km2。人口 8万7700(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android