コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーゲンソー計画 モーゲンソーけいかくMorgenthau Plan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーゲンソー計画
モーゲンソーけいかく
Morgenthau Plan

1944年にアメリカの財務長官 H.モーゲンソーが立案した第2次世界大戦後のドイツ処理計画。ルールとザールの軍需工業を廃棄させ,ドイツを主として農牧の国に転換しようとする案であった。 C.ハル国務長官,H.スチムソン陸軍長官らが反対したが,ルーズベルト大統領の意向で,同年9月にカナダのケベックで行われた同大統領とイギリスの W.チャーチル首相の会議にモーゲンソーが招かれて同計画について説明した。その結果,首脳は同計画について検討することで合意したが,その後,両首脳とも同計画をたなあげにした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android