コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤグラネギ(櫓葱) ヤグラネギ Allium fistulosum L.var.viviparum Makino

1件 の用語解説(ヤグラネギ(櫓葱)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤグラネギ【ヤグラネギ(櫓葱) Allium fistulosum L.var.viviparum Makino】

ユリ科の多年草。ネギの1種で,草丈はふつうのネギよりやや低く,盛んに分げつし,葉は細く濃緑色で直立する。花茎の先端に小ネギ(珠芽)をつけ,さらにこれらも小ネギを生ずるので,サンガイネギ(三階葱)ともいう。この小ネギを分離して栽植し,発根させて苗として繁殖する。冬は完全に休眠する。中国には古くから記載があるが,日本では18世紀半ばの文献に記載されている。北陸や東北地方の積雪地帯の一部で夏の葉ネギとして自家用程度に小面積作っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤグラネギ(櫓葱)の関連キーワード姥百合鹿の子百合笹百合シャロット高砂百合稚児百合姫早百合佐久百合ワケギ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone