コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤグラネギ(櫓葱) ヤグラネギAllium fistulosum L.var.viviparum Makino

世界大百科事典 第2版の解説

ヤグラネギ【ヤグラネギ(櫓葱) Allium fistulosum L.var.viviparum Makino】

ユリ科の多年草。ネギの1種で,草丈はふつうのネギよりやや低く,盛んに分げつし,葉は細く濃緑色で直立する。花茎の先端に小ネギ(珠芽)をつけ,さらにこれらも小ネギを生ずるので,サンガイネギ(三階葱)ともいう。この小ネギを分離して栽植し,発根させて苗として繁殖する。冬は完全に休眠する。中国には古くから記載があるが,日本では18世紀半ばの文献に記載されている。北陸や東北地方の積雪地帯の一部で夏の葉ネギとして自家用程度に小面積作っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android