コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珠芽 シュガ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

珠芽
しゅが

植物学用語。定義は人によってかならずしも一致しない。葉が発達せず、茎が肥大して球状となった肉芽と同義とされる場合、茎が伸長せず、葉が多肉化して球状となった鱗芽(りんが)と同義とされる場合、両者をあわせたものとされる場合がある。いずれにしても、養分を貯蔵して多肉となった芽(むかご)をいい、離層によって母体から離れて栄養繁殖を行う。[福田泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の珠芽の言及

【むかご】より

…オニユリ,シュウカイドウ,ヤマノイモなどでは,地上の茎の葉腋(ようえき)にある芽が肥大して,球根と同様の性質をもつ塊状組織を形成する。この塊状組織がむかご(零余子)で,珠芽とも呼ばれ,これを採取してまくと,数年のうちにりっぱな球根やいもになるので,繁殖に用いられる。むかご繁殖を行う場合には,大きなむかごを作ることが必要で,そのため,親株のつぼみを小さなうちに摘みとったり(オニユリ),腋芽を遮光したり,つるを下垂させたりする(ヤマノイモ)。…

※「珠芽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

珠芽の関連キーワードムカゴユキノシタ(零余子雪の下)コオニユリ(小鬼百合)ヤマノイモ(山の芋)ヤグラネギ(櫓葱)オニユリ(鬼百合)ベンジルアデニンむかご(零余子)ニンニク(大蒜)ムカゴイラクササイザルヘンプカラスビシャクノビル(野蒜)ムカゴニンジンシュウカイドウベンケイソウ科ムカゴサイシンマルバオモダカニンニク(葫)ムカゴトラノオアカザカズラ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android