コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤコブ原福音書 ヤコブげんふくいんしょProtoevangelium Jacobi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤコブ原福音書
ヤコブげんふくいんしょ
Protoevangelium Jacobi

イエスの幼年時代の物語を述べる外典福音書の一つ。原文はギリシア語で,この書に最初に言及しているオリゲネスでは「ヤコブの書」と称され,「マリアの誕生・ヤコブの啓示」「ヤコブの物語・神の母聖マリアの誕生」「われらの主と聖母マリアの誕生」などとも呼ばれる。種々の資料からの集成で,3世紀初期には成立していたと思われる。作者はユダヤ人キリスト教徒と推定される。中世美術に影響を与えた。 1552年バーゼルで G.ポステルのラテン語訳が出版された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤコブ原福音書の関連キーワードトマスによるイエスの幼時物語マリア(キリストの生母)三博士の参拝降誕教会受胎告知偽福音書

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android