コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤジーディー Yazīdī

世界大百科事典 第2版の解説

ヤジーディー【Yazīdī】

イラク北部にいる少数民。呼称の由来は不明。自称はダーシン。クルド語の方言を話すが,宗教儀礼ではアラビア語を用いる。イスラム(ことにシーア派イスラム神秘主義),キリスト教(ことにネストリウス派),ゾロアスター教などの教義,儀礼と呪術信仰とが混交した独特の宗教をもつ集団として形成されてきた。オスマン帝国は,その首長に北イラクの一サンジャク(県)を与えることによって,その存在を認めた。クジャクに象徴される天使(マラク・ターウース)の存在を信じ,またそれと同一視されるシャイフ・アディーの墓への巡礼を重んじるが,悪魔崇拝者という非難を受けてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android