コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤジーディー Yazīdī

1件 の用語解説(ヤジーディーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤジーディー【Yazīdī】

イラク北部にいる少数民。呼称の由来は不明。自称はダーシン。クルド語の方言を話すが,宗教儀礼ではアラビア語を用いる。イスラム(ことにシーア派イスラム神秘主義),キリスト教(ことにネストリウス派),ゾロアスター教などの教義,儀礼と呪術信仰とが混交した独特の宗教をもつ集団として形成されてきた。オスマン帝国は,その首長に北イラクの一サンジャク(県)を与えることによって,その存在を認めた。クジャクに象徴される天使(マラク・ターウース)の存在を信じ,またそれと同一視されるシャイフ・アディーの墓への巡礼を重んじるが,悪魔崇拝者という非難を受けてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤジーディーの関連キーワード長尾鼻布銭少数民族青侍イジラクウンヌプラクシディケヤオイラクのクルド人ミャンマーの少数民族

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone