板垣(読み)いたがき

精選版 日本国語大辞典「板垣」の解説

いた‐がき【板垣】

〘名〙 板を並べて作った垣。板塀。
※皇太神宮儀式帳(804)「板垣 廻長一百卅八丈六尺」
※源氏(1001‐14頃)蓬生「いたがきといふもの、打ちかためつくろはせ給ふ」

いたがき【板垣】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の板垣の言及

【垣】より

… 日本における木造の垣の古い形式は,伊勢神宮の神殿の周囲に見られる。最も内側にあるのは,厚板を密に縦に並べた〈瑞垣(みずがき)〉,つぎは角材を柵状に組んだ〈内玉垣〉,さらに丸太を柵状に組んだ〈外玉垣〉があり,最も外側に板塀状の〈板垣〉がある。先端を三角形にとがらせた厚板を密に縦に並べた瑞垣は,春日大社などで用いられ,また中世の絵巻物にも多く描かれているので,古い時代の神社では非常に多く用いられたと考えられる。…

【玉垣】より

…玉籬,玉墻とも書く。神社の社殿もしくは境内の周囲にめぐらす垣。瑞垣(みずがき)ともいう。玉,瑞は美称である。玉垣の造りは,方形の木に貫を通し(角玉垣),あるいは,厚い板を用いる(板玉垣)のを本式とするが,木の皮を削らずそのまま用いたもの(黒木玉垣),朱塗りのものや石造もある。垣を二重に設けたときは,内を瑞垣,外を玉垣または荒垣という。伊勢神宮は,内から瑞垣,内玉垣,外玉垣,板玉垣の四重になっている。…

※「板垣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android