コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤスデゴケ Frullania

世界大百科事典 第2版の解説

ヤスデゴケ【Frullania】

苔類のヤスデゴケ科ヤスデゴケ属Frullaniaの総称。苔類ではハネゴケ属に次ぐ大きな属で世界に約900種が記録され,とくに熱帯に多い。日本には約30種ある。葉は倒瓦状に重なり,背片と腹片の2片に分かれ,腹片は袋状。腹葉は顕著。花被は袋状でくちばし状の口をもつ。シダレヤスデゴケF.tamarisci (L.) Dum.は全国の低地から高地の樹幹や岩上に生育する。植物体は緑色~赤褐色でニス様のつやがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone