コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤップ・ア・ロイ Yap Ah Loy

1件 の用語解説(ヤップ・ア・ロイの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤップ・ア・ロイ【Yap Ah Loy】

1837‐85
マレーの華僑指導者。広東省恵州の客家(ハツカ)の一族に生まれ,1854年マレーに移住し,スズ鉱山の労働者となった。のち各種の職業を転々とする間にしだいに頭角を現し,62年クアラ・ルンプルに移り,69年同地の第3代中国人カピタンとなった。当時クアラ・ルンプルを含むセランゴール王国は分裂し,中でもトゥンク・クディンとラジャ・マフディの対立が激しかった。ヤップはトゥンク・クディンと手を結び,ラジャ・マフディと手を結んでセランゴールのスズ鉱山を支配下に収めようとした嘉応州客家の一団と対立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤップ・ア・ロイの関連キーワードマン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱辞典スタング(父子)常磐津文字太夫

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone