コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤップ・ア・ロイ Yap Ah Loy

世界大百科事典 第2版の解説

ヤップ・ア・ロイ【Yap Ah Loy】

1837‐85
マレーの華僑指導者。広東省恵州の客家(ハツカ)の一族に生まれ,1854年マレーに移住し,スズ鉱山の労働者となった。のち各種の職業を転々とする間にしだいに頭角を現し,62年クアラ・ルンプルに移り,69年同地の第3代中国人カピタンとなった。当時クアラ・ルンプルを含むセランゴール王国は分裂し,中でもトゥンク・クディンとラジャ・マフディの対立が激しかった。ヤップはトゥンク・クディンと手を結び,ラジャ・マフディと手を結んでセランゴールのスズ鉱山を支配下に収めようとした嘉応州客家の一団と対立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ヤップ・ア・ロイの関連キーワードマンウィリスコワニエジェラールストーンダイバーズデュ=ブスケパンペリーファン=ドールンベルニー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android