コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤナギドクガ(柳毒蛾) ヤナギドクガLeucoma salicis

1件 の用語解説(ヤナギドクガ(柳毒蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤナギドクガ【ヤナギドクガ(柳毒蛾) Leucoma salicis】

鱗翅目ドクガ科の昆虫。翅の開張4~5.5cm。体翅とも白色で無紋。触角は櫛歯(くしば)状,雌では櫛歯が短い。触角の柄は白色だが,櫛歯は黒い。北海道と本州の中部山地に産し,国外ではユーラシア大陸の北部に広く分布し,北アメリカの一部でヨーロッパから侵入したものが土着している。幼虫の背面には黒地に黄白色帯がある。ポプラドロノキ,ミネヤナギなどヤナギ科の葉を食べる。年1回の発生で,成虫は7~8月に出現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone