コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブガラシ(藪枯らし) ヤブガラシCayratia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブガラシ(藪枯らし)
ヤブガラシ
Cayratia japonica

ブドウ科のつる性の多年草。ビンボウカズラともいう。日本,東アジア,インドに分布する。藪,畑に普通に生え,都会地の雑草にもなっている。地下茎がよく伸びてあちこちに芽を出し,勢いが強い。茎は数mも伸びる。若いときは赤紫色を帯び,巻ひげは葉に対生,2分枝する。托葉は三角形で縁に毛がある。葉は鳥足状の5小葉から成り,短柄をもつ。7~8月に,散房状集散花序を葉と対生する。個々の花は小さく花弁は4個で緑色,落ちたあと黄赤色の花床が目立つ。果実は黒熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤブガラシ(藪枯らし)の関連キーワードブドウ科

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android