コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマトンボ(山蜻蛉) ヤマトンボ

1件 の用語解説(ヤマトンボ(山蜻蛉)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマトンボ【ヤマトンボ(山蜻蛉)】

トンボ目エゾトンボ科ヤマトンボ亜科Macromiinaeの昆虫の総称。日本産のオオヤマトンボ,コヤマトンボイラスト)などは大型で一見ヤンマ科の種のように見える。いずれも金属緑色の地に鮮やかな黄色のすじがあり,肢は長い。オーストラリアを除いて世界的に分布するが,種類は多くない。コヤマトンボ属Macromiaでは幼虫が流れに育ち,オオヤマトンボ属Epophthalmiaでは幼虫が泥底の池沼に育つ。両種とも5~8月の間に現れ水辺を徘徊(はいかい)飛翔(ひしよう)する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤマトンボ(山蜻蛉)の関連キーワードトンボロ青糸蜻蛉黄蜻蛉早苗蜻蛉塩辛蜻蛉羽黒蜻蛉昔蜻蛉糸蜻蛉川蜻蛉赤トンボ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone