コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝比奈正二郎 あさひな しょうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝比奈正二郎 あさひな-しょうじろう

1913-2010 昭和-平成時代の昆虫学者。
大正2年6月10日生まれ。朝比奈泰彦(やすひこ)の次男。戦前,満州(中国東北部)で害虫を研究。昭和25年国立予防衛生研究所にはいり,衛生昆虫部長などをつとめる。32年日本蜻蛉(とんぼ)学会を設立し会長,56年国際蜻蛉学会初代会頭。平成22年11月28日死去。97歳。東京出身。東大卒。著作に「基準昆虫分類表」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝比奈正二郎の関連キーワードオオシオカラトンボショウジョウトンボショウリョウトンボクロスジギンヤンマミナミカワトンボムカシカワトンボハッチョウトンボアカネ(トンボ)ウスバキトンボモノサシトンボシオカラトンボマユタテアカネアオイトトンボヤマイトトンボベッコウトンボハラビロトンボオツネントンボハナダカトンボコシアキトンボカラカネトンボ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android