徘徊(読み)たちもとおる

精選版 日本国語大辞典「徘徊」の解説

たち‐もとお・る ‥もとほる【徘徊】

〘自ラ四〙 ある場所に立って、その近辺を歩きまわる。行きつ戻りつする。彷徨する。
万葉(8C後)一一・二八二一「木の間より移ろふ月の影を惜しみ(たちもとほる)にさ夜更けにけり」
※中華若木詩抄(1520頃)上「あなたこなたへ、たちもとをりて、ねんごろに、菊をながむる也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「徘徊」の解説

はい‐かい〔‐クワイ〕【××徊】

[名](スル)あてもなく、うろうろと歩きまわること。「街中を徘徊する」
[類語]うろつくさすらうさまよう出歩くほっつくほっつき歩くほっつき回るぶらつく彷徨低回流浪放浪漂泊流離漂流浮浪右往左往ぶらぶらうろちょろうろうろちゃかちゃか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「徘徊」の解説

【徘徊】はいかい(くわい)

たちもとおる。〔子、礼論〕今夫(か)の大鳥獸は、則ち其の群匹を失して、~ぐるときは則ち必ず徘徊し、號し、躅(てきちょく)し、踟(ちちゆ)し、然る後に能く之れを去るなり。

字通「徘」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android