コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛翔 ひしょうflight

翻訳|flight

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛翔
ひしょう
flight

動物が大気中を飛ぶこと。動物が初めて飛したのは約2億年前の中世代のことで,ゴキブリを大きくしたような昆虫と考えられている。脊椎動物では,翼竜のような爬虫類が知られている。現生の動物では鳥類のほとんど,コウモリなどの哺乳類の一部,昆虫類の大部分が翼や翅を使って巧みにはばたき,飛翔する。またトビウオなどの一部魚類,哺乳類のムササビや両生類のトビガエルなどは翼をもたないが,鰭や皮膜を使って滑空することが知られている。
飛翔には基本的に運動のエネルギーによるはばたき飛行 winged flightと,位置のエネルギーによる滑空 glidingの2種類がある。定温動物 (鳥類とコウモリ) がはばたき飛行をするためには,進化の過程で体の構造をさまざまに変化させる必要があった。鳥類を例にとれば,一対の前肢が翼に変形した。骨は中空になって軽量化するとともに,胴部の骨格が融合して箱型になり,はばたきの力を有効に使えるようになった。食べた物をすぐに排泄することで大腸を省略し,生殖器官も非繁殖期には縮小するなど,内臓の減量化に成功している。重心の面では,歯や顎の筋肉は嘴に置換され,頭部が軽くなったので安定が良くなった。また比較的重い消化器官を翼と脚の付根にくるように配置し,飛翔と歩行時の重心のずれを解決している。さらに,はばたきの力を生みだす心臓と胸筋の強化,安全に飛翔するための視覚や聴覚の発達などあらゆる面で変化が起った。一方,昆虫では翅が発達したが,これは肢が変化したものではなく,体表全体をおおっている角質が特殊化したものである。これらのはばたき飛翔する動物にもたらされた恩恵は大きい。種の多さや個体数の多さを考えてみると,昆虫,鳥類,コウモリは最も繁栄した動物グループといえるからである。
滑空には,いわゆる重力による滑空とソアリング (帆翔あるいは滑翔。 soaring) の2種類がある。さらに重力による滑空には,方向を定めて飛立つものと,水平の動きは風にまかせてゆっくり降下する受動的なものがある。方向を定める重力滑空を行う動物には,体のさまざまな部位に,翼の代りとなる特殊な器官を備えたものが多い。例えば,魚類では胸鰭を大きく発達させたトビウオ,両生類では大きな蹼 (みずかき) をもつトビガエル,爬虫類では伸縮自在の皮膜を体側にもつトビトカゲ,哺乳類では前肢と後肢の間に皮膜を発達させたヒヨケザルやムササビ,モモンガなどである。トビトカゲで約 60m,ヒヨケザルで 130m以上滑空できるといい,尾や手足が方向舵の役目をしている。ソアリングは長時間はばたかずに滞空することである。コンドルやアホウドリなどの大型の鳥とオオカバマダラなどの昆虫が,この方法を獲得した。風が一様に吹いているときにソアリングを試みる動物に必要なのは,自分の沈下速度を超える上昇速度をもつ気流を捉えることである。風の進路が妨げられて上昇気流が生れる山脈や海辺の崖縁付近,また太陽光によって大地が暖められ,大気中に熱の循環が起るときがソアリングに適した条件といえる。また大気中の小さな気流の乱れからも,鳥たちは飛翔のエネルギーを得ることができる。アホウドリの体重は約 7kgに達するが,翼開長約 2.4mという巨大な翼で海面近くの風速の勾配をとらえ,次々と旋回しながら上昇と降下を繰り返すことで,かなりの距離を滑翔することができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐しょう〔‐シヤウ〕【飛×翔】

[名](スル)空高く飛びめぐること。「大空を飛翔する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ひしょう【飛翔】

山形の日本酒。「清泉川」の蔵元が精米歩合40%で造る吟醸生酒。原料米は美山錦。仕込み水は地下50mから汲み上げる天然水。蔵元の「オードヴィ庄内」は明治8年(1875)創業。所在地は酒田市浜中乙。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひしょう【飛翔 flight】

昆虫,鳥,コウモリなどの動物が行う飛翔には,さまざまな方法があるが,最も典型的なのは,はばたき飛行flapping flightであろう。そのほかにも,滑空glidingや空中停止飛行hovering(ホバリングともいう)などもよく見られる。はばたき運動はほとんどの飛翔動物に見られる。停止飛行は小さい昆虫類が得意とするが,顕花植物と共生関係にあるハナバチやチョウの類ではとくにこの能力が重要である。鳥類ではハチドリの仲間が行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひしょう【飛翔】

( 名 ) スル
空中を飛ぶこと。 「大空を-する鷲わし

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の飛翔の言及

【運動】より

…このような移動運動locomotionこそ動物を動物たらしめた基本的な特徴といってよい。移動運動の様式には遊泳,匍匐(ほふく),歩行,跳躍,走行,飛翔(ひしよう),帆翔,ジェット推進などいろいろあり,そのために使われる器官(運動器官)や機構もさまざまである。筋肉運動の場合は,関節をもつ骨格とそれに付着する伸筋・屈筋の組合せが一般的であり,骨格は無脊椎動物では外骨格,脊椎動物では内骨格になる。…

※「飛翔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

飛翔の関連キーワードスクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第2番「幻想ソナタ」 嬰ト短調/piano soloコリン・ジェームズ ペニクイックアクティブレーダーホーミングクロウ 天国への階段富山県南砺市利賀村仮面ライダーナイトコールドローンチ未確認飛行物体リリエンタールワイグル効果デストロイア奇貨居くべし弾道ミサイル薄翅黄蜻蛉X線望遠鏡BADGEヒラタアブ山原水鶏羽∥羽根ミサイル

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛翔の関連情報