コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝比奈 アサイナ

デジタル大辞泉の解説

あさいな〔あさひな〕【朝比奈】

あさひな

あさひな【朝比奈】[姓氏]

姓氏の一。中世・近世は「あさいな」とも。
[補説]狂言の曲名別項。→朝比奈
「朝比奈」姓の人物
朝比奈隆(あさひなたかし)
朝比奈知泉(あさひなちせん)
朝比奈泰彦(あさひなやすひこ)
朝比奈義秀(あさひなよしひで)

あさひな【朝比奈】[狂言]

狂言。閻魔(えんま)王が六道の辻亡者を待っていると、朝比奈三郎義秀)が来るが、逆に負かされ、極楽浄土に案内させられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あさひな【朝比奈】

狂言の曲名。鬼狂言。〈アサイナ〉と発音する。娑婆の人間が賢くなり,仏道に帰依して極楽へ行くので地獄が飢饉となり,閻魔王は自身六道の辻へ出て罪人を捕らえて地獄に責め落とそうとする。そこへ,武勇を誇る朝比奈(三郎)義秀が来合わせたので,閻魔は責めたてるが,朝比奈は動じない。和田合戦の話をせよというと,朝比奈は合戦の様子を語りながら閻魔を手玉にとり,七つ道具を持たされた閻魔は,朝比奈を極楽浄土へ案内するはめになる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝比奈
あさひな

狂言の曲名。鬼狂言。仏教大流行の当世、人間どもが極楽にばかり行くので、すっかり飢饉(ききん)に陥った地獄の主、閻魔(えんま)王(武悪(ぶあく)の面を使用)は自ら六道の辻(つじ)に出て、亡者が通れば地獄へ送り込もうと待ち構えている。そこへ、大竹をつき、血のにおいをぷんぷんさせた亡者が通りかかる。閻魔はさっそく地獄に追い落とそうと責めるが、とても歯がたたない。それも道理、相手は武将の朝比奈三郎(シテ)である。閻魔は突き転ばされ、手柄話をさんざんに聞かされたあげく、極楽への道案内をさせられてしまう。仏教説話などを通して地獄が身近な恐怖であった中世に、閻魔さえもからりと笑い飛ばす庶民の健康な現世主義がバックボーンにある。[油谷光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の朝比奈の言及

【朝比奈】より

…娑婆の人間が賢くなり,仏道に帰依して極楽へ行くので地獄が飢饉となり,閻魔王は自身六道の辻へ出て罪人を捕らえて地獄に責め落とそうとする。そこへ,武勇を誇る朝比奈(三郎)義秀が来合わせたので,閻魔は責めたてるが,朝比奈は動じない。和田合戦の話をせよというと,朝比奈は合戦の様子を語りながら閻魔を手玉にとり,七つ道具を持たされた閻魔は,朝比奈を極楽浄土へ案内するはめになる。…

※「朝比奈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朝比奈の関連キーワード大阪テ・キエロ~あなたゆえに~大阪フィルハーモニー交響楽団ショウリョウトンボ朝比奈弥太郎(2)アカネ(トンボ)ビタカンファー朝比奈切通し朝比奈・朝夷朝比奈島巡り朝比奈藤兵衛ナツアカネ岡部[町]朝比奈義秀朝夷奈切通朝比奈玄洲岸姫松轡鑑朝比奈 隆岡部〈町〉朝比奈芽生草摺引き

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝比奈の関連情報