ヤリーム(英語表記)Yarīm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤリーム
Yarīm

イエメン中部の町。イエメン高地の心臓部,標高約 3000mのスマラ山近くの高原に位置する。古代ではこの地方がヒムヤル族の勢力の中心であった。その首都ザファール跡は町の南 15kmにある。首都サヌアとタイズを結ぶ全天候高速自動車道路にのぞみ,農畜産物の集散地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android