コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤールネフェルト Arvid Järnefelt

世界大百科事典 第2版の解説

ヤールネフェルト【Arvid Järnefelt】

1861‐1932
フィンランドの作家。トルストイと15年間文通を続け,ロシアを2回訪問して親交を深めた。ルソーの〈自然へ帰れ〉を実践して農民となり,熱心なトルストイ主義者らしい作品を残した。その宣言書ともいえる《わが目覚め》(1894)や,土地私有制に疑問を投げかけた代表作《大地の母の子ら》(1905)などの観念小説にユートピア思考がみられる。【高橋 静男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヤールネフェルトの関連キーワード11月16日

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android