コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤールネフェルト Arvid Järnefelt

1件 の用語解説(ヤールネフェルトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤールネフェルト【Arvid Järnefelt】

1861‐1932
フィンランドの作家。トルストイと15年間文通を続け,ロシアを2回訪問して親交を深めた。ルソーの〈自然へ帰れ〉を実践して農民となり,熱心なトルストイ主義者らしい作品を残した。その宣言書ともいえる《わが目覚め》(1894)や,土地私有制に疑問を投げかけた代表作《大地の母の子ら》(1905)などの観念小説ユートピア思考がみられる。【高橋 静男

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤールネフェルトの関連キーワードキビバフィン島フィン人フィンランディアフィンランド語フィン級Выборгタピオラトゥオネラの白鳥コッコネン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone