コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユイシュー(玉樹)チベット(蔵)族自治州 ユイシューチベットぞくYushu Zangzu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユイシュー(玉樹)チベット(蔵)族〔自治州〕
ユイシューチベットぞく
Yushu Zangzu

中国西北地方,チンハイ(青海)省南部の自治州。6県からなり,行政中心地はユイシュー県のジェクンド(結古)チベット高原にあり,北をバインハル(巴顔喀拉)山脈,西をフフシル(可可西里)山脈,南をタンラ(唐古拉)山脈に囲まれ,チャン(長)江の上流トンティエン(通天)河が貫流する。湿地性草原が広がり,ヒツジ,ヤク,ウシ,ウマ,ロバなどが放牧されるが,特にヒツジはユイシュー羊と呼ばれ,優良種として有名である。チンツァン(青蔵)道路が縦貫する。人口 22万7298(1990)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ユイシュー(玉樹)チベット(蔵)族自治州の関連キーワードジェクンド(結古)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android